春のワルツの感想@あらすじやキャスト、主題歌などまとめ!

出典:BSフジ

2006年韓国KBSドラマ、全20話にて放送された。「秋の童話」「冬のソナタ」「夏の香り」に続く、四季シリーズ最終章となる本作。

監督は四季シリーズを手がけたユン・ソクホ監督、脚本はキム・ジヨン、ファン・ダウン。心に傷を抱えた人物たちが愛と許しによってやがては癒やされていく様を、美しい音楽と風景に乗せて描いたピュアラブストーリー。

◆見たい韓流ドラマがきっと見つかる!400本以上
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK

春のワルツのあらすじ

https://twitter.com/realTitan777/status/1002833416146976768

ジュエリーデザイナーを夢見るウニョンは、賞を取りオーストリア行きのチケットを手に入れる。飛行機の中で出会った女性イナ、空港でイナと間違い、ウニョンに声をかけてきたフィリップ。

そしてオーストリアの鉄道の中で出会った無愛想で印象の悪い男ジェハ。オーストリアのウィーンでの出逢いから4人の男女の運命が動き出す。

ウニョンはひょんなことから音楽関係の仕事に携わる3人と出会った。初対面から印象が悪いピアニストジェハの事がなぜか気になり始めていくウニョン。ジェハはウニョンという名前に子供の頃出会った少女の記憶と重ね合わせてじう自分が居た。

一方、ジェハのマネージャーであり、親友のフィリップはウニョンに一目惚れしていた。クラシック音楽の企画会社の企画チーム長であるイナもまた、15年前からジェハに恋していた。

ジェハには暗い過去があった。幼い頃父に連れられていったチョンサン島での出来事。ウニョンという名の少女とその母親を深く傷つけてしまった事がいまでもジェハの心に強く刻まれていた。ウニョンと会うたびにあの頃の少女かも知れないと思うが、彼女は死んだと聞かされていたのである。

やがてウニョンはジェハ達と共に仕事をすることになる。二人の距離が縮まっていく中、フィリップとイナは焦りを隠せなくなり徐々に険悪な雰囲気が漂い出す。

同じ時を重ねるごとに、ウニョンとジェハは互いに惹かれ合っている事を確認し合う。しかし、あの時チョンサン島で起こった許されない事実は消し去ることは出来なかった。

もしあの時の少女がウニョン本人ならば、二人の過去を互いに知る時が来た時、愛は許すことを叶えるのだろうか。二人の過去とは一体、、、。

◆見たい韓流ドラマがきっと見つかる!400本以上
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK

春のワルツのキャスト

https://twitter.com/makopikonyan48/status/1001049378738520065

ハン・ヒョジュ(パク・ウニョン役)

little_vic119さん(@little_vic119)がシェアした投稿


ジュエリーデザイナー志望。本作のヒロイン。貝殻細工が得意。第9回ミスにっこり選抜大会で大賞を授賞したことをきっかけに芸能界デビュー。

2005年MBCドラマ「ノンストップ5」でデビュー。春のワルツで連続ドラマ初主演となる。2006年「マイ・ボスマイ・ヒーロー」でスクリーンデビューを果たす。

「イルジメ~一枝梅~」「華麗なる遺産」「トンイ」

ソ・ドヨン(ユン・ジェハ、スホ役)


天才ピアニスト。子供の頃ある事件をきっかけにユン夫妻の息子としてカナダへ立った。1981年生まれ。2003年ファッションモデルとしてデビューし、トップモデルへ。軍隊入隊後には教官という高い地位まで上り詰めた経歴を持つ。

「愛の記憶」「チング~愛と友情の絆~」「いばらの鳥」「海神~ヘシン~」

イ・ソヨン(ソン・イナ役)

Ryo🍰りょうK-POPさん(@ryo1166)がシェアした投稿


クラシック音楽の企画会社の企画チーム長。ジェハの幼なじみで15年ぶりにジェハに会いにオーストリアへ行く。1982年生まれ。2002年に映画「THE KISEIー寄生ー」でデビューを果たす。2010年MBC演技大賞を授賞する。

2007年映画「スキャンダル」でペ・ヨンジュンと共演し、話題となる。「天使の誘惑」「トンイ」「私の愛、私のそばに」「春の日」「ルビーの指輪」「Dr.JIN」「家族の誕生」映画「覆面ダルホ」

ダニエル・ヘニー(フィリップ・ローゼンタール役)

yakoさん(@yaedae_top)がシェアした投稿


ジェハと同じくピアニストでありながら、ジェハの能力を認めマネージャーとして、親友としていつもそばに居る。ウニョンに空港で一目惚れしてしまう。

1979年生まれ。イギリス系アメリカ人の父と韓国系アメリカ人の母を持つハーフの韓国の俳優。

現在、各CM出演で活躍中である。2005年MBCドラマ「私の名前はキム・サムスン」でデビュー。「逃亡者 PLAN B」映画「マイ・ファーザー」「スパイ」

春のワルツに使われるアーティストや楽曲など

LOVE HOLICS 「One Love」

3人組の混成バンド。ジャンルはポップス、ロック。メンバー チソン、ミン、ハキス。

2003年「Love holic」韓国でデビュー。2006年「LOVE HOLIC」日本デビュー。ギターのミンは2004年に日本ドラマ「東京湾景」の主題歌として使われた「君さえいれば」で日本レコード大賞を授賞した。

代表曲「Magic」「チャラの森」日本アニメーションの主題歌になった「LOVE HOLIC」

YUNA「Flower」

本名 メン・ユナ

音楽プロデューサーのパク・ジョンウォンに見い出された若き実力派シンガー。2006年にデビューシングルとして「Flower」を日本と韓国それぞれ2バージョンでリリースした。

以後数多くのドラマ主題歌を歌う。SBSドラマ「プラハの恋人」の「君を…」KBSドラマ「噂のチル姫」の「WITH YOU」など。

S.JIN「守護天使」「私の人生の春の日」「美しい秘密」

1984年生まれ。本名はハム・ギュフン。2005年ファーストアルバム「愛してくれてありがとう」でデビュー。

以後、日本でも数多くのコンサートを行う。2008年「ラララクリスマス」「愛してる」2009年ミュージカル「ミスター・ジョー」「in music」など。

春のワルツには多くの楽曲が起用されており、それぞれをジェハがピアノで演奏したり歌ったりするバージョンがある。また、クラシック音楽の美しい旋律も見どころとなっている。

春のワルツのみんなの感想



レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセルする

レビューを投稿する

ドラマンタメ

平均: 
 0 レビュー

◆見たい韓流ドラマがきっと見つかる!400本以上
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK
タイトルとURLをコピーしました