王様のレストランの再放送や見逃し配信は?ネタバレあらすじ、キャストや感想まとめ!

1995年4月19日から7月5日にかけてフジテレビ系列の「水曜劇場」枠で放送された王様のレストランを紹介します。

王様のレストランは、三谷幸喜さんが脚本を担当した群像劇で、当時は松本幸四郎の名前だった松本白鸚 (2代目)さんら豪華キャストの共演が話題を呼びました。

この記事では、王様のレストランの再放送や見逃し配信の予定、最終回のネタバレを含むあらすじ、キャストや主題歌について解説していきます。

王様のレストランの再放送の予定は?

王様のレストランの再放送の予定はありません。

フジテレビの動画配信サービスFODでは、全話視聴可能です。

◆過去ドラマがすぐに視聴可能
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK

王様のレストランのあらすじ

高級フレンチレストラン「ベル・エキップ(La Belle Equipe)」は、名物オーナーシェフが切り盛りする人気店として繁盛。

オーナーシェフは、歳をとったこともあり、店の経営は長男・水原範朝(西村雅彦)に任せるようになります。

範朝に経営を託してから数年後、オーナーシェフは亡くなります。

オーナーシェフが急死した、「ベル・エキップ」は、いい加減な範朝に代表されるように組織としてのやる気を失い、経営はの車でピンチに陥ります。

そうした中、1人の若い男=原田禄郎(筒井道隆)が「ベル・エキップ」に来店。

禄郎の席に、待ち合わせていた中年の男・千石武(松本幸四郎)と合流して、「ベル・エキップ」での食事を始めます。

千石は、どのワインが「どこの棚にほこりを被っているはず」と言い当てるなど、従業員でしかわからない知識を披露。

不審に思った「ベル・エキップ」の従業員たちが探りを入れると、禄郎は範朝とは腹違いの初代オーナーの息子であることが判明します。

初代オーナーは店の再建をはかるため、商社の経理部門で働いていた実績のある禄郎をオーナーに抜擢したことがわかり、店の様子を見るために禄郎はやって来たのでした。

千石は、初代オーナーの下で働いていた伝説のギャルソン(男性給仕)で、禄郎は、傾きかけた店を立て直すための切り札として彼を呼び戻したのでした。

プロとしての能力も情熱をなくしてしまった「ベル・エキップ」の従業員たちですが、千石の登場によって彼らの様子が次第に変わり始めることに…。

王様のレストランは、経営赤字に陥ったレストランがかつてのように人気レストランへと様変わりする様子を描く一種のサクセスストーリーです。

悪くいうと予定調和と言えなくもありませんが、毎回のように店では何かしらのトラブルが起こります。

それを見事に解決していく起承転結のメリハリの効いた脚本が秀逸で、どのエピソードも飽きずに楽しめる上質のエンターテインメントに仕上がっています。

ドラマ全体として作品がほぼレストランだけで進むストーリー展開は舞台のようで、舞台出身の三谷幸喜さんらしいドラマになっています。

特に、「王様の中には、首をはねられたヤツも大勢いると、又のご来店のない事を心より願っております。」という千石の名言などセリフが素晴らしく、三谷さんはここでもセンスを発揮しています。

登場する役者陣ではやはり主人公・千石を演じる松本白鸚さんの存在感が圧倒的です。

歌舞伎出身とはいえ、「ラ・マンチャの男」など現代劇への出演も多い松本白鸚さんは演技が重くなりすぎず、時にはユーモアを交えて軽やかに千石を演じています。

また、レギュラーの出演陣だけでなく、豪華なゲストも印象的です。

最終回では、物語がレストランを舞台にしていることもあり、フレンチで有名な坂井宏行シェフや、服部栄養専門学校の理事長・服部幸應さんが登場します。

ちなみに、最終回では他にもゲストで橋幸夫さんも登場していて、ユーモラスなシーンが展開される場面は必見です。

ネタバレ注意!王様のレストランの最終回の内容は?

1人1人の従業員のスキルも上がり経営も良くなってきた「ベル・エキップ」を本当の意味で1流店にするため、千石は、新しいパティシエを雇うべきだと主張します。

しかし、千石の案に対して、他の従業員たちは反対することになります。

よく考えてみるとこれは自分のエゴなどでは?と思い至った千石は、店から立ち去ることに…。

千石が突然いなくなってから1年が経ち、例え千石がいなくても自分たちはやっていけると、従業員たちは今日も一生懸命に働いていました。

ただし、オーナーの禄郎はこのままでは良くないと考えて、行方知れずだった千石を探し出し、店に招待することにします。

「今日は大変なお客様が来る」という噂を立てて従業員たちに緊張感を持たせて、禄郎はその夜は、お客として千石を連れてきます。

千石の登場に従業員たちは驚きを隠せません。

禄郎と千石が初めて現れた日と同じようなシチュエーションでの食事が始まり、自分たちが成長した姿を見せるため、従業員たちは一生懸命料理を作り最高のおもてなしをします。

ただし、千石ともめる原因になったパティシエの稲毛成志(梶原善)だけは、自信が持てず、ソワソワと浮かない顔をしています。

それでも勇気をデザートを出すと千石は一口だけ食べて、そのままスプーンを置いてしまうことに…。

「パティシエを呼んで下さい」と呼び出した稲毛に千石は、「糖度が濃いし、リキュールも多過ぎる」など厳しいダメ出しをします。

千石は自分の正しさを証明するためにダメ出しをしたと思いきや、「発想は素晴らしい」と稲毛のデザートを絶賛。

さらに続けて、千石は「数々の非礼お詫びします。よく勉強されましたね」と言うと、認められたことの喜びもあって稲毛は号泣することになります。

店が閉店の時間を迎え、そのまま帰ろうとする千石を呼び止めた禄郎は、もう一度「ベル・エキップ」ギャルソンとして戻って来て欲しいと頼みます。

もう自分が教えことはないと禄郎の申し出を千石が断ると、他の従業員全員が出て来て、「この店は千石の望み通り一流になった」「また一緒に働きたい」と説得を試みます。

心を動かされた千石は、少しの間考えにふけると、「この店が一流ですって?、一流を気取っているだけの、最低の店です」と言い放ちます。

「しかし、最低であるが素晴らしい!」とシニカルな言葉を続けた千石は、手渡されたギャルソン服に身に着け、さっそうとレストランに復帰することになります。

伝説のギャルソン・千石の号令が鳴り響く「ベル・エキップ」では、従業員たちはキビキビと働くいつもの風景が復活することになります(終わり)。

◆過去ドラマがすぐに視聴可能
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK

王様のレストランのキャスト

松本白鸚

千石武役で出演。

亡くなった前オーナーと共にフランスで修行した後にギャルソンとして「ベル・エキップ」を支えた千石は、オーナーの強引な経営方針に馴染めずは一度は店を辞めることになります。

店を辞めた千石は、給食センターで働いていましたが、オーナーの息子・禄郎の説得もありレストランに復帰することになります。

松本白鸚さんの主な代表作としては、NHK大河ドラマ「黄金の日日」「天才柳沢教授の生活」映画「利休」などの作品があります。

山口智子

磯野しずか 役で出演。

「ベル・エキップ」でシェフを務めるしずかは、千石がやって来た当初はタバコをプカプカ吸うなど態度が悪いキャラとして登場。

しかし、千石によって天才的な味覚センスが認められてシェフとしても人間としても成長していくことになります。

山口智子さんの主な代表作としては、「29歳のクリスマス」「ロングバケーション」「ゴーイング マイ ホーム」などの作品があります。

筒井道隆

原田禄郎役で出演。

初代オーナーにとっては愛人の息子にあたる禄郎は、商社の経理部員で働いていた経験を買われて新オーナーとして、レストラン「ベル・エキップ」の再建に乗り出すことになります。

筒井道隆さんの主な代表作としては、映画「バタアシ金魚」NHK大河ドラマ「新選組!
「あすなろ白書」などの作品があります。

王様のレストランの主題歌やアーティスト情報

Precious Junk(プレシャス・ジャンク)

王様のレストランの主題歌は、平井堅さんが歌う「Precious Junk(プレシャス・ジャンク)」です。

日本を代表するシンガーソングライターの平井堅にとって王様のレストランの主題歌に起用された「Precious Junk」は、メジャデビューシングルにあたります。

平井堅さんの主な代表曲としては、「楽園」「大きな古時計」「瞳をとじて」「ノンフィクション」などの楽曲があります。

王様のレストランのみんなの感想



レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセルする

レビューを投稿する

ドラマンタメ

平均: 
 0 レビュー

◆過去ドラマがすぐに視聴可能
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK