ラストダンスは私と一緒にの感想@あらすじやキャスト、主題歌などまとめ!

2004年10月に韓国SBSで放送された。人気のあったために当初の予定より放送を2話延長したという人気作品のラブストーリー。

チソン、ユジンで送る韓国ドラマ特有の事故、記憶喪失、復讐、4角関係などハラハラドキドキ出来る要素が満載。チソンとイ・ボヨンが共演したことも見どころ!

◆見たい韓流ドラマがきっと見つかる!400本以上
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK

ラストダンスは私と一緒にのあらすじ

父とペンションを営むウンスはある日山道で記憶を無くした男と出逢い、介抱すべく、ペンションに住まわせることになる。

記憶は無いが働き者で思いやりのあるチャンホと名付けた彼とウンスは次第に愛し合うようになり、結婚を約束する。

しかし、幸せな日々は長くは続かなかった。ウンスの父が他界し、チャンホまでもが突然姿を消すのであった。

ウンスが必死でチャンホを捜し出した時にはもうウンスの知るチャンホではなく、本来の姿である御曹司ヒョヌに戻っていた。再び記憶を取り戻したヒョヌにはチャンホであった時の記憶は無くなってしまっていた。

それでもチャンホを諦め切れないウンスはヒョヌの会社に入社する。ヒョヌはウンスの気持ちを理解できる訳もなく、初めは疎ましく思っていたが、次第にヒョヌとしてまたウンスを愛し始める。

ヒョヌの許婚のスジンもまた焦る気持ちからウンスに辛くあたるのである。そしてヒョヌにとっては兄のような存在のテミンもまた、暗い過去を抱えたままウンスに好意を寄せていく。

交錯する四人の男女の純粋であるがゆえ悲しい恋。ある者は復讐を企みながら、ある者は元恋人の気持ちが離れるのを恐れながら。

はたして、ヒョヌの全ての記憶が戻った時、彼らを待ち受ける運命の結末とは?ラストダンスは誰と一緒に?

◆見たい韓流ドラマがきっと見つかる!400本以上
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK

ラストダンスは私と一緒にのキャスト

チソン(カン・ヒョヌ、チャンホ)

父の会社を手伝うことを拒んで事故で記憶喪失になるがウンスとの運命の出逢いを遂げる。1999年ドラマ「カイスト」でデビュー。

2001年「華麗なる時代」にて主役を努める。2013年イ・ボヨンと結婚。「秘密」「ロイヤルファミリー」「ボスを守れ」など数多くの作品に出演している人気俳優。

ユジン(チ・ウンス)

本作のヒロインであり、父と二人でペンションを営む。愛するチャンホを追い、自ら記憶を取り戻そうと奮闘する力強い女性。

1997年女性3人組グループ「S.E.S.」でデビューする。後に解散。「めっちゃ大好き」「製パン王キム・タック」「恋人づくり」

リュ・スヨン(チョン・テミン)

ヒョヌの元家庭教師であり、弁護士。ヒョヌの父に従順であるが、何か暗い過去を持っている。後にウンスに出逢い惹かれ始めていく。

1998年料理番組「最高の食膳」大学生出演でデビュー。タレント、俳優。「不良カップル」「明朗少女成功記」「TWO WEEKS」

イ・ボヨン(ユン・スジン)

裕福な家庭で育つ会長令嬢。元もとはヒョヌの恋人であったが、ウンスが現れてからスジンにも試練が訪れる。

ウンスによって、優しく気取らない性格だった彼女が変貌していく。2000年ミスコリア2002年CMにて芸能デビュー。「いとしのソヨン」「君の声が聞こえる」「赤道の男」「アテナ」

ラストダンスは私と一緒にに使われるアーティストや楽曲など

エドワード・チョン

アメリカ生まれの作曲家

「Our Love Will Always Last」オープニング

「Give My Love」物語を彩るピッタリな美しい楽曲。

上記2曲は英語であるが、ソ・スホンが韓国語バージョンを歌っている。「Everything」チャンホとウンスの回想シーンなどに使われた。

ユジン

「My Dream」ウンスの気持ちを歌う切ないメロディー。

元歌手グループS.E.S.であるユジンが歌う。

ラストダンスは私と一緒にのみんなの感想



レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセルする

レビューを投稿する

ドラマンタメ

平均: 
 0 レビュー

◆見たい韓流ドラマがきっと見つかる!400本以上
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK