離婚弁護士の再放送や見逃し配信は?ネタバレやあらすじ、キャストや感想まとめ!

大手法律事務所で企業相手に渉外弁護士として活躍して来た敏腕弁護士が主人公のドラマです。彼女は満を持して独立。

しかし前の事務所の妨害に遭い、スタッフやクライアントを奪われゼロからのスタートとなります。

一般民事事件など畑違いの案件を扱う様になり、依頼任人や同僚スタッフとの触れ合いの中で弁護士という職業を見つめ直していくストーリーです。

離婚弁護士の再放送の予定は?

関西

2017年3月15日(木)~3月30日(木)放送済み。

(2018年1月22日時点)

離婚弁護士のあらすじ

主人公は東大法学部在学中に司法試験に合格し、大手の法律弁護士事務所に所属する敏腕弁護士の女性・間宮貴子(天海祐希)。

しかし所属する弁護士事務所では実力に相応しい扱いを受けていない、と不満な様子。そこで間宮貴子は同僚(竹野内豊)と共に独立することを決意します。

しかし、事務所のボスに独立話が漏れ、妨害されます。その結果、事務所のボス弁は間宮と一緒に独立予定だった同僚弁護士やスタッフの引き止め作戦に成功。

結局、間宮貴子は共同経営者の弁護士やスタッフも失い、受付嬢とたった2人で新規事務所を立ち上げる事になります・・・

間宮は今まで自分で新規クライアントを開拓した経験はなく、専門の企業法務の仕事は開店休業な状態になります。事務所経営のために、「離婚」などの一般民事事件といった小口案件を引き受けることになります。

企業を相手にする仕事とは報酬も格段に安いと思われます。間宮貴子も当初は「しょぼい仕事」と口にしていました。

そんな間宮貴子が嫌っていた案件を引き受けるうちに、弁護士として人間として大切なモノを見つけていく物語です。

毎回登場するゲストがとにかく豪華です!初回には竹野内豊、宮崎美子、山路和弘が登場しています。

他の回には中越典子、吹越満、林隆三、キムラ緑子、りょう、鈴木砂羽、藤村俊二、生瀬勝久、南果歩、斉木しげる、西岡徳馬など豪華なキャスト陣も見どころの一つです。

第2話には、今をときめく星野源が登場しています!しかし当時はまだ無名の星野源のため、台詞もありません。ゲストとして名前も出ていないと思います。

黒ぶち眼鏡・ブルーのパーカーを着た男性に注目して見て下さい!また最大の見どころは、主人公・間宮貴子のカッコよさです!

当初は大手法律弁護士で大きな案件を扱って来た自信からか、正直あまり感じが良くない女性に見える主人公です。

しかし、人間対人間のトラブルを扱う事になり人の心・情といった、法律でスッパリ解決しない問題もあるという感慨深いお話しになっています。

ネタバレ注意!離婚弁護士の最終回の内容は?

セクハラされたと会社に訴えた秘書の女性が子会社に飛ばされた、と被害を訴えてきた案件を引き受ける間宮。間宮は大手事務所への移籍を蹴ってこの案件を受けます。

間宮はセクハラの当事者、小沼社長の解任を求めるため、株主から委任状を集めます。それに対し相手の弁護士は間宮の戦力を無くすため柳田を引きぬく妨害をしてきます。その後、柳田も今回の件で利用されたと気づきます。

しかし期限はあと3日となり、9万株足りない状態・・・そこに柳田が「ただいま!」と帰って来ます!しかも10万株のお土産つきです!これで戦える!と喜んだのもつかの間。相手の弁護士は次の手を打って来て委任状の撤回が相次ぎます。

本多が以前より説得して来た秘書室の女性たちの気持ちが変わり、協力してくれることになります。間宮は相手の弁護士と会い「いずれ小沼社長は爆弾になる」と指摘します。

相手の弁護士は利益を重んじるプロなので、間宮の言葉により役員会議が開かれ、小沼社長は失脚します。クライアントは無事に秘書に復帰して一件落着して終わります。

最終回の間宮貴子の啖呵「セクハラで泣いてる女性一人守れなくて弁護士なんて言える?」とカッコイイ台詞も聞けました!

また山岡が事務所を辞めて間宮事務所に入って来ます。山岡が新しく入った事務所の活躍も見てみたい所です♪

離婚弁護士のキャスト

天海祐希/間宮貴子役

1967年8月8日生、本名は中野祐里、元宝塚歌劇団月組トップスター。

主人公。「間宮貴子法律事務所」所長。東大法学部在学中に司法試験に合格した才女。大手法律事務所の大田原総合法律事務所にて10年間渉外弁護士としてキャリアを積んできた。

同僚弁護士と共同経営し独立する計だったが、大田原総合弁護士事務所の妨害にあい、引き抜くはずだった弁護士やスタッフやクライアントを全て失う。

受付嬢と2人で新規事務所を立ち上げる事になる。事務所経営のため今まで経験のない民事・離婚案件などを引き受ける事になる。

勝気な性格で「人に頭を下げるのは30年ぶり」などの発言もしている。バッティングが得意でバッティングセンターへ通う事が趣味。子供の頃にお尻を犬に咬まれた経験があり、犬が苦手。蠍座のO型。

出演作品『女王の教室』『トップキャスター』など

玉山鉄二/本多大介役

1980年4月7日生、京都府出身

間宮貴子が法律事務所を開業したビルで清掃員のアルバイトをやっていた学生。好きな女性が「サッカー選手か弁護士か医者じゃないと・・・」と言うので間宮法律事務所で無給助手を志願。弁護士を目指すも全く法律の知識はない。

熱血漢で間宮に意見する事も。事務所スタッフからは「脳みそがカワイイ」「脳みそが真っ白なキャンバス」「すごく爽やかなアホ」などと言われている。家事が得意。

出演作品『ルパン三世』『星守る犬』など

ミムラ/吉田香織役

1984年6月15日生、埼玉県深谷市出身、女優活動のほか執筆活動も行う

間宮貴子法律事務所の受付嬢。税理士を目指していてお金の事になると他人の事にも介入する性格。受付に座り、女性誌を読み漁っている。最終回では弁護士を目指す事を宣言する。

出演作品『梅ちゃん先生』『西郷どん』など

佐々木蔵之助/柳田俊文役

1968年2月4日生、本名は佐々木秀明、京都府京都市出身

間宮貴子が年俸3000万で雇った渉外弁護士。移籍しても18のクライアントを所持。間宮事務所でも企業法務を専門で扱う。

民事案件には関わらない姿勢だが、法律知識のない本多や吉田に解説したり、助けてくれる面も。開業当初の間宮貴子より民事案件の知識が豊富。妻子あり。

「男は仕事、女は家庭」というポリシーを持っており、家庭の事は妻に全部任せっきり。勝負カラーは黄色。間宮貴子からは「ハンサムなラクダ」「キャメル柳田」と言われる。

出演作品『間宮兄弟』『超高速!参勤交代』など

津川雅彦/井上紀三郎役

1940年1月2日生、俳優・監督として活躍、本名は加藤雅彦

山岡が開業祝いに間宮貴子にプレゼントしたパラリーガル。給料の3カ月分は山岡が払っている。かつては一流商社の管理職だったが派閥争いに負けて退職。

61歳になっても司法試験を受け続けているが極度のあがり症のため口述試験にて落ちている模様。法律知識や人生経験も豊富で間宮貴子の良き相談相手。娘は百貨店勤務。妻とは死別している。「なかなかやっかいな案件ですな」が口癖。

出演作品『ストロベリーナイト』『後妻業の女』など

陣内孝則/山岡哲司役

1958年8月12日生、俳優・歌手・監督として活躍、福岡県出身、本名は同じ

大田原総合法律事務所での間宮貴子の同僚。間宮貴子の味方敵な存在。

出演作品『1リットルの涙』『眠れる森』など

離婚弁護士の主題歌・アーティスト情報

心の旅人

hitomi/1976年1月26日生、シンガーソングライター、血液型はB型

hitomi作品:『空』『君のとなり』など

離婚弁護士のみんなの感想



レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセルする

レビューを投稿する

ドラマンタメ

平均: 
 0 レビュー