ひとつ屋根の下の再放送や見逃し配信は?ネタバレあらすじ、キャストや感想まとめ!

出典:フジテレビ

1993年4月12日から6月28日にかけてフジテレビの「月9」枠で放送されたひとつ屋根の下を紹介します。

「101回目のプロポーズ」「高校教師」などの名作で知られる野島伸司さんが脚本を担当したひとつ屋根の下は、最最高視聴率37.8%を記録するなど社会現象を巻き起こしました。

この記事では、ひとつ屋根の下の再放送や見逃し配信の予定、最終回のネタバレを含む物語のあらすじ、キャストや主題歌などの情報をわかりやすく解説します。

ひとつ屋根の下の再放送の予定は?

ひとつ屋根の下の再放送の予定はありません。

フジテレビの動画配信サービスFODでは全話視聴可能です。

◆過去ドラマがすぐに視聴可能
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK

ひとつ屋根の下のあらすじ

かつては実業団の長距離ランナーとして活躍していた柏木家の長男・達也(江口洋介)は、膝の故障もあって競技を引退することになります。

そんな達也は、会社の上司の娘・千鶴(鈴木ほのか)と結婚することになり、兄妹達に結婚を報告することを決意します。

柏木家の兄弟は、7年前の交通事故での両親を亡くしていて、6人の兄妹はそれぞれ違う親類に預けられ、生き別れになっていました。

次男・雅也(福山雅治)は、頭が良かったこともあり、文京大学医学部の研修医として働き、養子になった木内病院の院長裕蔵(清水紘治)に気に入られ、跡取りになることも約束されていました。

長女・小雪(酒井法子)は、他の兄妹と血の繋がりなく、短大を卒業した後はOLとして働いています。

三男・和也(いしだ壱成)は、優しい面がある一方で、すぐに怒る性格が災いして、傷害事件を起こしてしまい少年鑑別所に収容されるなど波乱の人生を送っています。

四男・文也(山本耕史)は、両親が交通事故で死んだ後は、母の実家に引き取られていました。

文也は跡取りとして期待されていましたが、養父母に息子が生まれたため距離を置かれるようになり孤独を感じていた時に起きたバイクとの衝突事故が原因で車椅子生活を送ることになります。

親戚の高橋家に引き取られていた次女・小梅(大路恵美)は、努力家で真面目で成績がよく、大学への進学資金のためにアルバイトを頑張っていました。

幼い頃に生き別れたこともあり小雪を除く兄妹達は最初は、達也の突然の訪問を最初は良くは思いませんでした。

しかし、次第に兄妹達は1人ずつ達也の家に集まるようになり、家族として一つ屋根の下で暮らすようになりますが…。

ひとつ屋根の下は、両親の事故死が原因で離れ離れになった兄妹が再び家族としての絆を取り戻すホームドラマの名作です。

別々の人生を送っていた柏木家のメンバーは、再び家族としての暮らしを開始します。

けれども、次から次へと困難が立ちはだかり、家族崩壊のピンチを何度も迎えますがそれでも兄妹が協力して乗り越えるところがドラマチックに描かれます。

特に、レイプ被害に会った小梅を励ますために再びマラソンにチャレンした達也を応援するために兄妹全員が集まる場面は感動的です。

主演の江口洋介さんは、今のクールな印象とは違い明るくて兄妹のムードメーカーの達也を元気いっぱいに演じていて、この作品は江口さんにとっても代表作と言える作品になりました。

また、この作品は俳優として福山雅治さんがブレイクするきっかけになった作品としても知られ、白衣を着る若き日の福山さんの初々しい姿も必見です。

ネタバレ注意!ひとつ屋根の下の最終回の内容は?

小梅が若い男からレイプされ、病院から退院したものの達也からの言葉にも無言をつらぬくなど心を閉ざしてしまいます。

達也は小梅を勇気づけるためアキレス腱の怪我をおしてマラソン大会への出場を決めます。

一方で、雅也は病院で入院する舞台女優の日吉利奈(内田有紀)のことが気になっていました。

利奈は心臓病を理由に舞台への出演を医師から止められていましたが、舞台への情熱が強く、命がけで舞台に立つことを決めます。

マラソン大会当日を迎え、マラソンがスタートすると達也は足の痛みに懸命に耐えながら走り続けますが、その様子を見る兄妹達の反応は冷めたものでした。

その頃、舞台に出演した利奈は倒れてしまい病院へ運び込まれます。

雅也は一目散に駆けつけますが、もう利奈は亡くなっていました。

利奈の死を知った雅也は、泣き叫び悲しみを爆発させます。

不良グループに戻りかけていた和也は、小雪の説得もありボスに立ち向かい不良グループとは縁を切り兄妹のところに戻ってくることになります。

傷だらけでも走り続ける達也の姿は兄妹達の心にあったわだかまりを消し去り、小梅はレイプ加害者を告訴することを決意します。

足の痛みが限界に達した達也のところに兄妹達がやってきて励まします。

兄妹からの応援からエネルギーをもらった達也は、倒れこむようにゴールすると、そこには小梅もいて、達也は兄妹全員と抱擁を交わし家族としての絆を強さを再確認することになります。

柏木家では、レイプ事件のため延期になったいた小梅の誕生日会を仕切り直しで開催することになります。

ケーキを巡ってケンカになるなど誕生日会は和気あいあいとして雰囲気で進み、柏木家の兄弟達は未来に向かって進んでいくのでした。

◆過去ドラマがすぐに視聴可能
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK

ひとつ屋根の下のキャスト

江口洋介


柏木達也役で出演。

柏木家の長男で大黒柱の達也は、すぐに怒る性格がトラブルの元になることもありますが、優しい性格で、達也の人柄が離れ離れになった6人の兄妹を再び一つにする原動力になります。

江口洋介さんの代表作としては、「101回目のプロポーズ」「白い巨塔 」「救命病棟24時」シリーズなどの作品があります。

福山雅治


柏木雅也役で出演。

柏木の次男の雅也は、熱い性格の兄・達也とは違い医学部の研修医として働いていることもありクールな性格をしています。

福山雅治さんの主な代表作としては、「美女か野獣」「ガリレオ」シリーズ、映画「そして父になる」などの作品があります。

酒井法子

日刊スポーツさん(@nikkansports)がシェアした投稿


柏木小雪役で出演。

柏木の長女・小雪は、他の兄妹達とは血こそ繋がっていませんが、母親的な役割を果たして兄妹をまとめていくことになります。

酒井法子さんの主な代表作としては、「星の金貨」、「聖者の行進」、NHK連続テレビ小説「ファイト」などの作品があります。

ひとつ屋根の下の主題歌やアーティスト情報

Rumi Kojimaさん(@rumi_to_ponta)がシェアした投稿


ひとつ屋根の下の主題歌は、財津和夫さんが歌う「サボテンの花」です。

「サボテンの花」は、元々は財津和夫さんがチューリップが1975年に発売した楽曲でした。

ドラマ「一つ屋根の下」の主題歌になることもあって、財津和夫さんがソロ名義でセルフカバーした「サボテンの花~ひとつ屋根の下より~」がシングルカットされ1993年に発売されました。

財津和夫さん(チューリップ時代も含む)の代表作としては、「Wake Up」、「青春の影 」、「心の旅」などの楽曲があります。

ひとつ屋根の下のみんなの感想



レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセルする

レビューを投稿する

ドラマンタメ

平均: 
 0 レビュー

◆過去ドラマがすぐに視聴可能
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK