昼顔の再放送や見逃し配信は?ネタバレあらすじ、キャストや感想まとめ!

2017年6月10日に映画として上映された「昼顔」。その3年前にドラマとして放映されました。ドラマでは多くの視聴者の方に衝撃を与えた作品として社会現象にもなりましたね。

そんな昼顔の見逃し配信やネタバレあらすじ、キャストや感想など一挙にまとめてみました。

昼顔の再放送の予定は?

・北海道 2017年5月16日~5月30日 14:50-15:50
・青森  2017年5月11日~5月30日 13:55~14:55
・岩手  2017年5月5日~6月16日 25:30~26:25
・宮城  2017年5月10日~5月29日 15:50~16:50
・山形  2017年6月2日~6月16日 15:55~16:50
・福島  2017年5月23日~6月6日 15:55~16:50
・山梨  2017年5月6日~7月15日 25:26~26:21
・長野  2017年5月22日~6月5日 15:55~16:49
・富山  2017年5月29日~6月12日 15:35~16:30
・石川  2017年5月23日~6月6日 15:53~16:50
・福井  2017年5月8日~5月22日 9:50~10:50
・静岡  2017年5月26日~6月9日 14:50~15:50
・東海  2017年5月31日~6月14日 15:50~16:49
・関西  2017年5月8日~5月22日 15:50~16:47
・愛媛  2017年5月24日~6月15日 15:50~16:50
・広島  2017年5月24~6月12日 15:50~16:48
・山口  2017年5月15日~5月29日 14:49~15:46
・佐賀  2017年5月1日~5月22日 15:25~16:20
・長崎  2017年5月1日~5月17日 14:50~15:49
・熊本  2017年5月11日~5月25日 15:50~16:50
・大分  2017年5月19日~6月2日 9:50~10:50
・宮崎  2017年5月23日~6月8日 14:55~15:50
・鹿児島 2017年4月28日~7月7日 26:20~27:15

(2017年5月29日時点)

昼顔のあらすじ

良妻賢母であるが、浮気を繰り返している悪女の利佳子。スーパーのパートをし、平凡で退屈な生活を送っていた紗和。

ある日、紗和はスーパーで万引きをしてしまい、利佳子に目撃されてしまいます。紗和の弱みを握った利佳子は、不倫のアリバイに協力するように言うのでした。

言われるがままに不倫のアリバイに協力していく紗和。女性としての自分を忘れていることにだんだん気づきはじめるのでした。

そんな時に、紗和は高校教師の北野と出会い、お互いに惹かれあうのでした。最初は不倫を否定していた紗和でしたが、北野への思いが強くなり、とうとう禁断の領域に足を踏み出すのでした。

テーマがとても重たく、一体何が良いのかを視聴者が正解を考えていくように作られたストーリー。不倫はいけないことと知りつつも、ストーリーを見ているうちにある意味で引き込まれ、どんどん事が大きくなっていくところは見どころの一つです。

一線を踏み外してしまった2人の結末は最も大きな見どころです。

ネタバレ注意!昼顔の最終回の内容は?

紗和とともに歩んでいきたいと言った思いが強くなる北野。そんな北野に、乃里子は妊娠したと告げ、ショックを受ける北野。しかし、乃里子が妊娠したのは全くの嘘でした。

一方、利佳子は長女・真奈に、次女の事を頼み家を出ます。母親がまた出て行ったことにショックを受ける次女・陽菜は庭のビニールプールに飛び込み熱を出そうとしました。

熱を出せば母親が戻ってくると真奈の前で大泣きするのでした。

2人が逃げ込んだ別荘へ来たのは戻ってきます。そこには「待ってなかったもん」と強がる紗和の姿。強がりながらも紗和は北野を抱きしめます。

その夜別荘には2台の車が止まり、北野が外をのぞくと、車からは俊介と母の慶子が降りてきます。もう一台の車からは乃里子と乃里子の父の姿が。修羅場と化した別荘の中、2人は無理やり引き裂かれてしまったのでした。

帰国した加藤は徹ものとを訪れ、自分の描いた絵が盗作だったことを明かします。徹は驚くが、公表しない代わりに利佳子と別れるように言います。そこへ2人の娘がやってきて、「お母さんを盗るな!!」と加藤に物を投げつけるのでした。

俊介は紗和が不倫をしていたことに対してやけになっており、会社の飲み会で飲み過ぎて泥酔してしまいます。

俊介に恋心を抱いていた同じ会社の美鈴が家へと連れ帰ると、紗和は俊介を介抱しようとします。しかし、俊介はその手を払いのけます。俊介に対し、急に冷めた。もういいです。と紗和に言うと、美鈴は帰っていきます。

木曜日、弁護士を通して北野と紗和側の家族が弁護士事務所に集まり、話し合いの場を設けられました。北野と紗和がもう会わない事。電話もメールも一切しない。

乃里子からのただ一つの要求でした。そして、乃里子も北野と離婚しないと言います。北野風は転居、北野は高校を退職し、紗和も転居、退職をすることで話がまとまります。

条件を破ったら毎月30万円の慰謝料を死ぬまで払うといった厳しいペナルティが付けられます。

お金が欲しいわけではない。そのくらい北野を奪われたくないと言う強い思いからでした。北野も紗和も諦める決断をします。

加藤は盗作をしたことを公表し、元妻の秋の素に問い合わせの電話が殺到しました。どうして自分で盗作を公表するのかという問いに、「泥棒のままでいたくない」と北野は答えを返します。

アトリエに戻った加藤は利佳子に出ていくように命じますが、利佳子は加藤に「ますます好きになった。一緒にお絵かき教室しよう」と言い、加藤を抱きしめます。

加藤も、利佳子の言葉がうれしく、抱きしめ返します。加藤への怒りが大きくなった智也がアトリエに現れ、「世間を騙してでも利佳子を幸せにすべきだった」と外に出し、殴り合いになります。

そして、加藤は右手の神経を痛めて二度と鉛筆が握れなくなるのでした。智也はそうなったことに深く悔やみます。

病室で加藤は利佳子に別れを告げます。北野は放送室を占拠します。

「だれかを真剣に愛するように」

そう演説をすると、北野は高校から去っていくのでした。

パートに辞表を出し、帰宅した紗和は、靴紐に火をつけ部屋のごみ箱に捨てます。火は燃え移り、大火事になろうとしていましたが、間一髪のところで俊介がかばい、無罪放免となりますが、紗和は処刑されなかったことにがっかりします。

俊介は紗和に「一番近くにいたのに、気持ちがわからなくてごめん」と謝り、離婚することになりました。

新居と職場が見つかったことを利佳子に報告する紗和。利佳子は「私たちもう会わない方がいい」と言い、別れを告げるのでした。

街を歩いている紗和は、北野の引っ越しのトラックとすれ違いますが、気づきませんでした。

昼顔のキャスト

笹本紗和/上戸彩

パート勤務をしている平凡な主婦。結婚して5年経つが、夫婦仲は悪くありませんがセックスレスで刺激のない関係。

不倫なんてと否定的でしたが、高校教師の北野と合うことで不倫関係を発展させてしまいます。

国民的女優としても人気のある上戸彩さん。今作品では「エースをねらえ」「アタックナンバーワン」など、元気で明るいキャラクターを演じてきた10代とは違った、大人の色気を見ることが出来ます。

北野裕一郎/斎藤工

格差婚にコンプレックスを抱きながらも、生物教師として働く北野を演じています。偶然出会った紗和に次第に惹かれ、一線を越えてしまいます。

「医師たちの恋愛事情」や「オトナ女子」など、年上の女性を魅了する役はハマり物。ドラマだけではなく、バラエティ番組にも多く出演しています。

滝川利佳子/吉瀬美智子

夫と娘と暮らす表向き良妻賢母の主婦。夫との関係には冷めており、複数の男性と関係を持つ悪女。しかし、加藤と出会うことで、一途に人を好きになっていくのでした。

昼顔では裏表のある悪女を演じますが、他の作品では「ハガネの女」では色気のないまっすくで元気な教師の役を演じています。男女ともに人気の高い女優さんです。

昼顔の主題歌やアーティスト情報

他人の関係 feat. SOIL&”PIMP”SESSIONS

一青窈さんがカバーをしている歌です。「もらいなき」「ハナミズキ」でも大ブレイクしているアーティスト。

1973年に金井克子が歌って大ヒットした曲。大人の男女間の秘めごとめいた愛情を綴った歌としても人気があり、昼顔を制作する際にこの歌を主題歌として使おうと決まっていたと言われています。

Never Again

有名なジャズシンガーの青木カレンさんが歌っています。

フジテレビ「結婚しない」挿入歌
映画「ガリレオ 真夏の方程式」の劇中歌
NHK土曜ドラマ「太陽の罠」の主題歌

など、いろいろなドラマの主題歌や挿入歌を担当されています。この歌は映画「昼顔」でも流れています。

Place Of Love(Movie ver)

LOVE PSYCHEDELICOが歌っている歌。映画にすごくハマっている歌です。切ない気持ちにさせられる曲が特徴。

「Last Smile」「My last fight(ドラマ・ハコイリムスメ)」「Everybody needs somebody(映画・ホテルビーナス)」など多くの代表作があります。

昼顔のみんなの感想



レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセルする

レビューを投稿する

ドラマンタメ

平均: 
 0 レビュー