家族の旅路の再放送や見逃し配信は?第3話のネタバレあらすじ、感想まとめ!

滝沢秀明主演の「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男(東海テレビ・フジテレビ系列)」が絶賛放送中です。

自分の家族を惨殺した容疑者の弁護をすることになった弁護士の葛藤を描く人間ドラマとして話題のこの作品の第3話のあらすじや物語のキーキャラクターについて紹介していきます。

家族の旅路の再放送の予定は?

作品の第3話の「TVer」「FOD」の無料配信サービスも終了していますが、「FODプレミアム」では放送終了の全話視聴可能です。

◆新作ドラマがすぐに視聴可能
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK

家族の旅路の3話のあらすじ

30年前の殺人事件の被害者遺族で弁護士の浅利祐介(滝沢秀明)は、この事件の犯人とされる死刑囚・柳瀬光三(遠藤憲一)の担当弁護士だった津村誠治の妻・佐智子(朝加真由美)の元を訪れ、彼女の口から「主人は、柳瀬さんは絶対やっていないと、繰り返し申しておりました」という言葉を聞きます。

殺害現場に残され助け出された祐介のことを柳瀬が長年の間心配していたことや、祐介が悲惨な事件があっても元気に成長をしている様子を聞いて涙を流すなど、知れば知るほど冷酷な殺人犯だったはずの柳瀬のイメージが覆り、祐介の心の中で柳瀬は無実なのではという疑念が高まります。
ただし、柳瀬は弁護士の津村には心を開くものの、行方不明になった一人息子・光男が行き先だけは決して語ることはありませんでした。

事件の手がかりをなかなか掴めない祐介は、柳瀬の元妻で現在は末期ガンを患い余命宣告を受けて入院している河村あかね(横山めぐみ)の元を娘の礼菜(谷村美月)と一緒に訪れます。

あかねに祐介が弁護士であることを知られると何も話してくれないと思った礼菜は、祐介を友人として紹介しますが、感の良いあかねはすぐに祐介が弁護士であることを見抜きます。

礼菜は余命が少ない母のために息子の光男を探していると話しますが、あかねは祐介が弁護士とわかり態度を硬化させてしまい、礼菜に向かって光男を自分の会わしたいというのは嘘で、病院の入院費を出してくれる相手として光男を探しているだけと言い捨てるのでした。

あかねの心無い言葉に傷ついた礼菜は、母の言っていることは本当のことと認めた上で、光男を探してほしいという依頼を断ることを祐介に伝えます。

しかし、何としても事件の真実と光男の行方を探りたい祐介は、後戻りするわけには行かないと言い、諦めないでと礼菜を励ますのでした。

家族の旅路の3話の重要人物は?

横山めぐみ

河村あかね役で出演。30年前の殺人事件の犯人とされる柳瀬光三の元妻で、河村礼菜の母でもある。

夫であった柳瀬と息子の光男を捨てて他の男と再婚するなど男性関係は奔放で自由に生きてきたが、現在は末期ガンを患い余命宣告され闘病中の身である。

家族の旅路の3話のネタバレ&感想!

あかねからは何も情報を引き出せないとわかった祐介は、再び東京中央拘置所を訪れて柳瀬と面会します。

柳瀬と対面した祐介は、30年前の殺人事件を調査していた担当刑事だった松枝栄二郎(石丸謙二郎)や、担当弁護士だった津村の妻に会って、2人が柳瀬の無実を信じていることを伝えます。

しかし、固く閉ざされた柳瀬の心は動くことはなく、何も語ろうとはしません。そこで、祐介は殺人事件の被害者遺族である自分があえて今回の件に関わったのは、柳瀬の元妻のあかねが末期ガンで余命を宣告され、娘の礼菜が母の最期に息子の光男を合わせてあげたいという依頼があったことを告げます。

真実を話してくれと祐介は叫ぶのでしたが、柳瀬は無言のまま立ち去ってしまいます。柳瀬が真実を話さなくても諦めたくない祐介は30年前の事件があった時に柳瀬が暮らしていた山梨県の甲府を訪れます。

いざ甲府で30年前の柳瀬を知ると人たちから話を聞いてみると、殺人事件を犯すような悪評を一切でず、実直で真面目な人柄と、妻が他の男を作って出て行った後も、一人息子である光男の面倒を働いていたことなどが語られます。

甲府で柳瀬のことについて知るとことで、祐介の柳瀬の無実を信じるというと気持ちは次第に確信へと変わるのでした。第3話では、柳瀬の元妻のあかねと祐介が出会う場面が描かれます。

あかねは、実直で真面目な柳瀬に物足りなく、礼菜の父・河村真二と再婚して、夫だった柳瀬と息子の光男を捨てるなど恋愛に奔放で荒れた人生を送ってきました。

そのために、母親の最期も立ち会わず父親からも事実上の絶縁を言い渡されるなど、彼女に関わる人たちを傷つけてきました。

ただし、娘の礼菜に嫌味を言うなど、余命を宣告されてもなおこれまでの人生に反省を見せないあかねですが、憎まれ口を叩いて光男の行方をあえて話さないのは、彼女に深く考える理由があるようで、柳瀬同様に誰かを守るために真実を隠しているようなのです。

また、この回の最後で、30年前の柳瀬を遠藤憲一が演じていますが、生後間もない一人息子の光男をなんとか幸せにしてやろうと奔走する姿は哀愁を感じさせ、名バイプレイヤーらしい渋みのある演技が光ります。

家族の旅路 3話のみんなの感想



レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセルする

レビューを投稿する

ドラマンタメ

平均: 
 0 レビュー

◆新作ドラマがすぐに視聴可能
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK