隣の家族は青く見えるの再放送や見逃し配信は?第4話のネタバレあらすじ、感想まとめ!

深田恭子&松山ケンイチが主演を務めるドラマ隣の家族は青く見えるの第4話の気になるあらすじや、ドラマの中で印象に残った場面やキャラクターについて解説していきます。

隣の家族は青く見えるの再放送の予定は?

ドラマの第4話の再放送及び「TVer」「FOD」の無料配信サービスも終了していますが、「FODプレミアム」では放送終了の全話視聴可能です。

◆新作ドラマがすぐに視聴可能
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK

隣の家族は青く見えるの4話のあらすじ

不妊治療をする五十嵐奈々(深田恭子)は、担当医の片岡洋子(伊藤かずえ)から、これまでのタイミング法から人工授精へのステップアップを提案されます。

奈々が帰宅すると夫の大器(松山ケンイチ)が妊活していることを知り、2人を応援したい母・聡子(高畑淳子)が家にやって来ていました。

おせっかい焼きな聡子が、奈々のために体に良いというジュースや冷え予防の靴下に加えて、子宝グッズを持参して、1人で張り切る姿に奈々を困惑させられます。

広瀬渉(眞島秀和)は、恋人の青木朔(北村匠海)から、渉に好意を寄せる長谷部留美(橋本マナミ)をいつまでも騙すことはできないと忠告を受けます。

朔は彼女の好意を利用して自分がゲイであることを隠すためのカモフラージュするのに利用する渉の心理を見抜いていました。

しかし、渉は、朔の考え方は正しいと認めた上でセクシャルマイノリティであることを必死に隠しバレないように生きてきた自分の性格を今さら変えることはできないと言うのでした。

同じ頃、「コーポラティブハウス」では、婚約者の川村亮司(平山浩行)と別れて暮らすことを決めた杉崎ちひろ(高橋メアリージュン)が引っ越しの準備を進めていました。

ちひろが家を出て行くことを知り見た亮司はなんとか言いくるめて引き止めようとしますが、彼女の決意は固く無駄な努力に終わります。

仕事が終わって帰宅した大器が見たものは母が持ち込んだ子宝グッズの山で思わず飽きれ顔を見せます。呆然としている大器に奈々は、病院で人工授精を勧められていることを告げます。

人工授精も子供を授かるための方法だと認識しつつも、自然な形で子供を産みたい大器は、どこか人工授精に複雑な感情を見せます。

そんな、奈々たちの元に次女の誕生会の招待状を持った小宮山深雪(真飛聖)がやって来ます。

次女の誕生会に招待をしつつ、深雪はこの間のバーベキューパーティでケンカしたちひろたちと仲直りをしたく、彼らと気兼ねなく話せる奈々に他の「コーポラティブハウス」の面々に招待状を渡してほしいとお願いするのでした。

そうした中、奈々の母・春枝(原日出子)が実家の伊豆から上京して来ることになります。

隣の家族は青く見えるの4話の重要人物は?

原日出子

物語の主人公・五十嵐奈々の母・東野春枝役で登場。娘のことを大切に思いつつも、子供が自然に産むべきと考え、人工授精や体外受精には反対の立場をとる。

隣の家族は青く見える4話のネタバレ&感想!

家にやって来た春枝に対して奈々は不妊治療をしていること、人工授精や体外受精を考えていることを伝えます。

しかし、春枝は人工授精に反対の立場をとり、夫の大器も難色を示していることもあって、奈々は人工授精は諦めようと考えます。

翌日、大器は妹の琴音(伊藤沙莉)の元を訪れると、彼女は兄に自然分娩でなければ子どもへの愛情が湧かないと夫の啓太(前原滉)から言われたことを愚痴まじりに話すのでした。

この話を聞いた大器は、自然な形での妊娠が理想だけど、それができない人たちに気持ちに想いを馳せるのでした。

一方、奈々が帰宅すると「コーポラティブハウス」の入り口に渉と朔が同性愛者であると告げる張り紙が貼られていて騒ぎになっていました。

2人の関係に肯定的な立場の奈々はすぐさま嫌がらせの張り紙を剥がすと、そこに深雪がやってきて、渉と朔の同性愛者であることを知っていたのに黙っていた奈々を非難すること言葉を吐きます。

そして、渦中の人である渉も帰宅して恋人の朔と例の張り紙について話していると、朔は実は張り紙自分の仕業だと告げます。渉はなんでそんなことをしたと朔を問い詰めると、攻撃は最大の防御だと言い放ちます。

この言葉を聞いて、同性愛者であることを隠しつつ、社会との繋がりのある仕事をして平穏に暮らしたかった渉は会社の人にも知られてしまったと落ち込みますが、そんな渉に朔は優しく寄り添うのでした。

深雪の申し出を受けて住民会議が開かれると、深雪は朔と恋人関係であることを隠していた渉を責めます。

しかし奈々は、人にはそれぞれ幸せの形があり、誰だって自分が望む幸せを手に入れる権利があると主張して、渉たちをかばいます。

奈々の言葉に感動した朔は、思わず大器に抱きついて喜びを現します。呆然とする深雪は怒りもあらわにその場を立ち去ります。

その夜、春枝は不妊治療に反対したのは、孫の顔は見たいけれども、それ以上に娘の奈々が大事に思うからだと打ち明けます。

母の言葉を聞いて、奈々は子供が欲しいのは春枝が自分にしてくれたような愛情に溢れる過程を作りたいと話します。

一方で、春枝は、専業主婦でなく、奈々のように仕事を持っていればよかったと未だに後悔していると告げます。

会話の最後に春枝は、普通に妊娠できる体に産んであげられなくてごめんね、親は自分の子どもが苦しんでいるのは辛いと本音を話し、娘の奈々も母が自分を大切に思うからこそ不妊治療に反対する言葉が出たことを理解するのでした。

翌朝、駅に向かおうとする春枝のところに大器がやって来て、人工授精について知ってほしいと資料を渡します。

最初は人工授精に反対だった大器ですが、奈々の気持ちを考えて1人で資料を集めて人工授精について勉強していたのでした。

夫の理解も得た奈々は人工授精を始めることになります。今回は、自然な形で子供を産むのが正しく、人工授精に抵抗がある人たちに正しい人工授精への知識を深める内容になっています。

専門的な言葉を使いつつもわかりやすく人工授精について紹介しているのと、奈々と大器を演じる深田恭子と松山ケンイチのトゲトゲしくならない自然な演技の素晴らしさもあって、重くなりがちなテーマをスマートに描いています。

また、人工授精に実の母に反対されて落ち込む奈々を救うために、理解してもらうために資料を集める夫・大器の優しさは毎回ながら感動させられます。

隣の家族は青く見える 4話のみんなの感想



レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセルする

レビューを投稿する

ドラマンタメ

平均: 
 0 レビュー

◆新作ドラマがすぐに視聴可能
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK
タイトルとURLをコピーしました