海月姫の再放送や見逃し配信は?第8話のネタバレあらすじ、感想まとめ!

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロイン役で脚光を浴びた芳根京子主演のドラマ海月姫の第8話のあらすじ、物語のキーキャラクター、見逃し配信など気になる情報をわかりやすく紹介します。

海月姫の再放送の予定は?

作品の第8話は「TVer」「FOD」の無料配信サービスで、2018年3月12日19時59分まで視聴可能です。

また、「FODプレミアム」では放送終了の全話視聴可能です。

◆海月姫がすぐに視聴可能
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK

海月姫の8話のあらすじ

倉下月海(芳根京子)たちのブランド「ジェリーフィッシュ」のプロモーションスペースに現れたのは、香港・シンガポール・ソウルなどアジア各地でセレクトショップで成功を収めた実業家のカイ・フィッシュ(賀来賢人)でした。

日本での出店に本腰を入れてきたカイ・フィッシュは、セレクトショップの視察なかで見つけた月海のドレスとワンピースに惚れ込み月海も一緒に3億で売って欲しいと申し出ます。

カイ・フィッシュはデザイナーとしてはまだまだ学ぶことも多い月海を拠点であるシンガポールに連れていき、いずれは月海がデザインした服を新ブランドを展開することを目論んでいます。

こんな場所では月海の才能を埋もれてしまうと考えるカイは秘書のファヨン(伊藤ゆみ)に手付金の用意するように命令しますが、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)はあんたは月海のことを本当に理解していないと彼の提案を断ります。

蔵之介に引っ張られるように部屋を出ようとする月海にカイは、何かあったらと連絡が欲しいと名刺を渡し、この場での月海の引き抜きは諦めます。

プロモーションスペースに蔵之介と月海が戻ると“尼?ず”のメンバーが消えていて代わりに月海が住む「天水館」の土地を狙うデベロッパーの稲荷翔子(泉里香)と佐々木公平(安井順平)が現れます。

高笑いする翔子は、「天水館」の売買契約が成立したことを告げ、敗北を認めた“尼?ず”は飛んで帰ったと言います。

契約が完了してしまってはどうすることもできず、「ジェリーフィッシュ」の売り上げで「天水館」を買い取るという目標も失い蔵之介も気落ちしてしまいます。

恋人の鯉淵修(工藤阿須加)から困った時には連絡するように言われていた月海はこのタイミングしかないと電話しますが、ミラノで婚約指輪を探しているため修に電話はつながりません。

電話がダメならと月海は鯉淵家を訪れて、修と蔵之介の父・慶一郎(北大路欣也)と妻の容子(床嶋佳子)に「天水館」が売却されてしまったことを伝え政治家の慶一郎に助けを求めます。

しかし、正式に契約が結ばれた以上、残念だがどうすることもできないと言われてしまいます。

失意の月海が「天水館」に戻ると”尼~ず”たちは、さよならパーティを開き「天水館」にやってきたいきさつを語り合うなど諦めムードが漂います。

それでも、「天水館」を救いたい月海は、あの名刺を思い出し最後の助けを求めてカイに連絡を入れます。

翌日、”尼~ず”にトドメを刺すため引越し屋を連れた翔子が「天水館」に現れ、1人につき50万円をばら撒き、金の魔力に屈した”尼~ず”たちは彼女の手下状態になります。

もうダメだと思ったその瞬間、カイの秘書・ファヨンが月海を連れて行こうとします。月海は「天水館」を救うためカイに連絡して彼と一緒にシンガポールに旅立つ覚悟を決めていました。

蔵之介の説明で、月海が大金と引き換えにカイから引き抜きの誘いを受けていて、月海がカイの誘いにOKさえすれば「天水館」から立ち退かなくてもいい事情を”尼~ず”も知ることになります。

「天水館」から出て行かなくて良いと知った”尼~ず”は、必死に月海を食い止めようとする蔵之介とは裏腹に喜んで「天水館」を救うためにシンガポールに行くよう月海に勧めます。

彼女たちが止めてくれるのを少しは期待していた月海はあっさりした対応に失望しながら「天水館」を後にすることになります。

会社に戻った翔子は、裏で多額の金を動かすことで「天水館」はカイの会社が買い取って自分たちが手出しできないことを知り、自分のこれまでの頑張りが無駄になったと怒りをあらわにします。

自分にところに来たものの打ち解けてくれない月海をカイは釣りに誘います。一緒に釣りをする中で親に捨てられ孤児として育ったことや、貧しい時代に仲間と釣った魚の味が忘れられないことなど語り、少しずつ月海はカイに心を開くようになります。

食事後、仕事の話を切り出したカイは月海のデザイナーとしての才能を認めた上で、一緒に作ったドレスを沢山の人に着てもらいファッションで世界を変えようと伝えます。

海月姫の8話の重要人物は?

賀来賢人

アジアを中心に世界各国でセレクトショップ展開する実業家カイ・フィッシュ役で出演。

不遇の過去から這い上がりのし上がったカイ・フィッシュは月海に優しさを見せるものの、一方ではやり手の実業家としてのシビアな表情も見せる。

海月姫の8話のネタバレ&感想!

このままコケにされたままでは終われない翔子は、宿敵の蔵之介と一時的にコンビを組んでカイのオフィスに潜入して持ち伏せをします。

戻ってきたカイに月海の居場所を聞き出すはずが、相性の悪い蔵之介と翔子は口論になってしまいます。

そんな2人を見下すようにカイは自分なら月海を一流のデザイナーすることができると宣言して立ち去ります。

帰宅後、蔵之介は、月海を連れ戻すために協力して欲しいと運転手の花森よしお(要潤)にお願いすると、依頼に応える形で花森は月海の行方調査を開始します。デザイナーとしてのスキルを磨くため、カイは会社の秘密のサロンに月海を連れて行きます。

そこには、カイに才能を見出されたデザイナーたちがお互いのインスピレーションを刺激しあう場所で、月海は彼らの熱量とオシャレな空間に圧倒されます。

ミラノで指輪を探していた修は、月海が大好きなクラゲのデザインの指輪をオーダーして、指輪が完成してやっと日本に帰国します。

帰国後、修は蔵之介との電話で月海がシンガポールに連れて行かれたこと知り動揺しますが、一方で蔵之介はどこに行っても月海を必ず捕まえると力強く言います。花森の協力もあり、蔵之介は月海のいるホテルを突き止め、彼女の部屋を訪れます。

月海に再会できて喜ぶ蔵之介はルームサービスで食事や酒を次々と注文、2人だけのパーティを楽しみます。

一方で、カイは蔵之介がやってきたことを知っても彼を追い出そうとはせず、冷静に状況を見守ります。

お酒も入りほろ酔い気分の蔵之介は、自分を犠牲にして「天水館」を出て行くことを決めたのに、”尼~ず”たちが見せた態度は薄情すぎると愚痴をこぼします。

酔っ払った蔵之介はホテルに泊まると言い出し、男性に免疫のない月海は動揺しますが、蔵之介は女だと思い込むことでやり過ごそうと頑張りますが、シャワーを浴びていた蔵之介がバタリと倒れてしまいます。

心配になった月海が駆けつけるとが、シャワールームから物音がし、蔵之介を心配する月海。シャワールームに行くと、蔵之介は「行くな」と月海を強く抱きしめます。翌日、ホテルのベッドで目を覚ました蔵之介が部屋を見ると月海の姿はそこにはありません。

覚悟を決めた月海はカイとともに旅立つ準備を始めていました。それでも、月海が思い残すことがあるような表情を見せるので、カイは”尼~ず”が月海を切り捨てたように、蔵之介を切り捨てるように月海を説得して新しいホテルに彼女を連れて行きます。

月海がまたいなくなり気持ちが沈んでいる蔵之介が「天水館」を訪れると”尼~ず”が月海のドレスを片付けをする現場に出会います。あの頃の思い出を整理する様子に蔵之介は、お前たちは薄情だと厳しく叱責します。

けれども、千絵子(富山えり子)は、”尼~ず”のみんなも月海がいなくなったことをとても悲しく思っていると伝えます。

千絵子の言葉を聞いた蔵之介がなぜ月海が行くことを止めなかったのと聞くと、カイに才能を認められ、デザイナーとして飛躍するチャンスを得た月海の将来の可能性を邪魔したくない”尼~ず”は、悲しい気持ちを押し殺して月海を送り出していたのです。

”尼~ず”の本当の心を知った蔵之介は、「ジェリーフィッシュ」のドレスは月海がいなくては作れない、月海の才能が必要だとメッセージを送ることを提案します。

兄の蔵之介も月海のことを好いていることを気づいていた修は、これからどうすれば良いのか迷っていると、そこに翔子が現れます。

翔子は修のことを好きな気持ちを隠し、あえて厳しい言葉で嫉妬激励すると、翔子に勇気をもらった修は「天水館」へと向かいます。

仲間と別れて孤独になっていた月海がテレビをつけると、ジジ様(木南晴夏)の好きな「たけ散歩」が放送していて月海は懐かしく感じます。

すると、番組の中で”尼~ず”のメンバーに加えて、蔵之介と修と花森も一緒になって月海への思いを伝える姿が映し出され、その気持ちを受け取った月海は泣き崩れます。

物語も佳境に入った海月姫第8話は、カイ・フィッシュが登場して月海を引き抜き、本当は別れたくないけど「天水館」を守るため月海は仲間と離れることになるシーンがウルっとくるものがあります。

物語の終盤の重要キャラクターのカイを演じる賀来賢人は、福田雄一作品やバラエティ番組など、最近はコミカルな一面を見せることが多かったのですが、全身黒コーデでスタイリッシュに決めるカイ役ではクールな2枚目キャラクターを好演しています。

端正な顔立ちの賀来賢人は3枚目的なキャラも良いけど、ミステリアスな2枚目キャラクターがキャラがハマります。

切ない場面がある中で、敵同士だった翔子と蔵之介が協力してカイのホテルに乗り込むシーンは即興コントのような面白みがありエンタメとして楽しめます。

海月姫 8話のみんなの感想



レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセルする

レビューを投稿する

ドラマンタメ

平均: 
 0 レビュー

◆海月姫がすぐに視聴可能
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK
タイトルとURLをコピーしました