海月姫の再放送や見逃し配信は?第3話のネタバレあらすじ、感想まとめ!

「東京タラレバ娘」の東村アキコの人気を漫画をドラマ化した海月姫の第3話の見逃し配信の予定、あらすじ、見所やキーキャラクターについて解説していきます。

海月姫の再放送の予定は?

ドラマの第3話の再放送も「TVer」「FOD」の無料配信サービスも終了していますが、「FODプレミアム」では放送終了の全話視聴可能です。

◆海月姫がすぐに視聴可能
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK

海月姫の3話のあらすじ

倉下月海(芳根京子)が愛するクラゲの幻想的な姿にインスピレーションを受けた鯉淵蔵之介(瀬戸康史)をクラゲのドレスを作りその売り上げで「天水館」を購入する資金にすることを提案しますが、そんな夢物語のような話を月海は最初は信じることができませんでした。

しかし、本気でクラゲのドレスを作ると決めた蔵之介は早速、ドレスのイメージをデザインしたスケッチを見せますがそれは月海がイメージするものとは程遠く、月海はハナガサクラゲのデッサンを蔵之介に見せます。

月海のデッサンを見た蔵之介はこんなドレスがあったら絶対に欲しくなると絶賛すると、そこにばんばさん(松井玲奈)が、お風呂が空いたことを知らせにやってきますが蔵之介は男の姿で、男子禁制の「天水館」にいることがバレるとまずいと咄嗟に隠れます。

蔵之介が家に帰宅すると弟の修(工藤阿須加)が部屋にやってきます。修は月海のことが気になっていて会うためにどうすれば良いのか彼女と仲の良い兄に相談しにきたのでした。

女性に対して奥手な弟のために蔵之介は修に月海とのデートをセッティングすることを約束し、「天水館」を訪れた時にそのことを月海に告げます。

修の本命彼女は稲荷翔子(泉里香)と思っている月海は行きたくないとデートの申し入れを断ります。

しかし、蔵之介は月海に本人に話を聞いて修が翔子と本当に交際しているのかを直接聞いてみればと、半ば無理やり月海にメイクを施しオシャレな服装をさせて送り出します。

強引にセッティングされたこともあり月海と修とのデートはギクシャクしてなかなか会話が弾みません。

すると、不意にメガネをかけた月海の姿を見て修は彼女が以前、「天水館」で気色悪いと言ってしまった女性であることに気がつくのでした。

過去のことが判明して結局デートはなんとも言えな気まずい雰囲気のままお開きなります。

海月姫の3話の重要人物は?

工藤阿須加

物語のヒロイン・倉下月海が想いを寄せる鯉淵修役で出演。女装を趣味にするなど自由奔放に生きる腹違いの兄の蔵之介と比べると性格は正反対だが、兄のことは信頼している。

ちなみに、修は過去のトラウマが原因で女性との交際避け未だに童貞というキャラで、彼が月海と出会ってどのように変わっていくのかも物語のポイントだったりする。

海月姫の3話のネタバレ&感想!

修とのデートがうまくいかず失意の月海が「天水館」に戻ると、蔵之介達はクラゲのドレス作りに奔走していました。

帰ってきた月海に蔵之介はデートがうまくいったのか聞き出そうとすると、自分の言動や最後の方は修の様子もおかしくなったことを月海は語ります。

一方、修のところに翔子がやってきて強引に家に押しかけようとするので修は突然の訪問は困るという説得を試みますが、翔子に言いくるめられて2人で飲みに行くことになります。

ドレスの制作中に月海は蔵之介の部屋のマネキンに飾ってあったパ-ルのネックレスに目をつけます。

月海はパールネックレスを本能的に引きちぎって千絵子とジジ様達に手伝ってもらいスカートにパールを飾り付けドレスを完成させるのでした。

パールが付けられたドレスを見た蔵之介は完成度の高さに驚き、月海達の頑張りもあり素敵に仕上がったドレスを絶賛します。

蔵之介の父で政治家の鯉淵慶一郎(北大路欣也)の自宅を訪問したジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)は慶一郎から蔵之介が長男である言葉と蔵之介が男の姿の写真を見せられます。

蔵之介が男だとわかり男子禁制の「天水館」に彼を入れてしまった事実にジジ様と千絵子は動揺してしまいます。

翔子との席の中で修は他に好意を寄せている女性がいることを話し翔子と会うことはもうできないと告げます。

この話を聞いて翔子も修のことは諦めると宣言して、これからは修の恋愛がうまく行くように応援する誓います。

ドレスを蔵之介はお姫様の美しく着こなす姿に月海は見とれていると新しいクラゲのドレスのイメージが浮かび上がり新ドレスを作ることを提案します。

蔵之介は月海を「天水館」に送り届けようとしていると、同じタイミングで翔子と修も車で帰宅して修はこの間のことについて月海に話しかけようとします。

そして修は、自分が前から気になっている女性は月海だと翔子に紹介しますが、逆に翔子は修とベッドで寝る写真を月海に見せると、さらに修が月海のことをずっと気持ちの悪いオタクだと思っていたと言い放ちます。

この言葉にショックを受けた月海は何も言い返せず逃げ出し屋台で酒を飲み嫌なことを全部忘れようとします。

邪魔者だった月海にダメージを与えて勝ち誇った顔を見せる翔子に修は心まで結んだ覚えはないと断言して、今後はつきまとわないでほしいと頼みます

帰宅後、修は蔵之介から月海が傷つけられたのに何の弁明もしなかったことを非難されます。

翌朝、蔵之介は千絵子とジジ様に呼び出されて正体が男であることに問い詰められ、その場はごまかして逃れようとしますが、男子禁制の「天水館」に出入りを禁止されてしまいます。

一方で修が蔵之介の弟であることが判明して、月海は「天水館」を乗っ取る計画に加担しているのではとまやや(内田理央)とばんばさん(松井玲奈)から尋問されていると修がそこにやってきます。
男子禁制の場所にやってきた修はまややとばんばさんは追い出されそうになりながらも、水族館で月海を抱きしめたのは、月海のことが可愛いと思ったのに加えて、月海のことを守りたい気持ちが溢れたからだと自分の素直な気持ちを月海に訴えかけるのでした。

物語の中で重要なアイテムになるクラゲのドレスが完成して行く様子が見てて楽しいです。漫画やアニメで見るのもいいですが、実写で再現されたクラゲのドレスはフワッとしたデザインがとても可愛くて素敵です。

また、これまで気持ちがはっきりせず、月海に対してどっちつかずの態度を見せていた修が最後に男子禁制の「天水館」にやってきて大声で月海に自分の感情をストレートにぶつけるシーンが今回の見せ場でした。

修が男らしいところを見せることで、これからの月海との関係がどのように深まるのか楽しみ
ストーリーが展開して次回が早く見たいと思わせます。

海月姫 3話のみんなの感想



レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセルする

レビューを投稿する

ドラマンタメ

平均: 
 0 レビュー

◆海月姫がすぐに視聴可能
⇒【31日間無料】スマホ・タブレットから今すぐ見れる!
※無料期間中いつでも解約OK
タイトルとURLをコピーしました